【ベトナム】PVオイル、副業自粛通達も翌日撤回[経済](2021/06/16)

国営ベトナム石油ガスグループ(ペトロベトナム)傘下のペトロベトナム石油総公社(PVオイル)は15日、従業員が勤務時間外に新型コロナウイルスに感染する恐れのある副業に従事しないよう求めた前日の通達に「不適切な内容があった」として同通達を撤回した。15日付トイチェー電子版が報じた。

ドアン・バン・ニュオム社長は14日付の通達で、同社の従業員が配車アプリのタクシー運転手の副業をしていた際にコロナ感染者を乗せたことで、多くの従業員が濃厚接触者と見なされ隔離を余儀なくされ、会社の業務に支障を来したと背景を説明。宅配、配車アプリのタクシー、物品販売といった副業に従事しないよう注意を促すとともに、これらに従事する場合はPVオイルを退職するよう求めていた。

カオ・ホアイ・ズオン会長は同日、「通達は従業員の解雇が目的ではない」と地元メディアに釈明したが、PVオイルは親会社のペトロベトナムからも通達の撤回を求められ、翌15日に撤回した。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント