【香港】広東省に連絡、原発問題で行政長官[社会](2021/06/16)

中国広東省台山市の台山原発が放射性希ガスを大気中に放出したとされる問題で、香港政府トップの林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は15日、同日中に広東省当局と連絡を取り、何らかの進展があれば香港市民に公表すると述べた。香港政府として、この問題を「とても重視している」と強調した。

毎週火曜日に行っている定例会見での発言。現在のところ、香港天文台(気象台)や水務署のモニタリングで基準値を超える放射線は検出されていないことも改めて説明した。

官営メディアRTHK、インターネットメディア香港01などによると、香港天文台では1987年から、広東省の原発が香港の放射線量に影響を与えていないかどうかを常時モニタリングし、観測結果を1時間ごとに公表している。1年前までさかのぼってもモニタリングの数値に異常は見られないという。

同原発を巡っては米CNNが14日、台山原発に協力するフランス電力の子会社が、同原発からの放射性物質漏れを主張していると報道。これについてフランスメディアは、同原発が大気中へ放射性希ガスを放出したことをフランス電力が明らかにしたと伝えている。

香港天文台による放射線モニタリングの数値はウェブサイト<https://www.hko.gov.hk/en/radiation/monitoring/index.html>で確認できる。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント