【ミャンマー】会計年度の期間変更を検討=総司令官[経済](2021/06/09)

ミャンマー国軍のミン・アウン・フライン総司令官は7日、会計年度の期間変更を検討していると明らかにした。現在は10月から翌年9月までとなっている。国営紙グローバル・ニューライト・オブ・ミャンマーが8日伝えた。

総司令官は、7日に開かれた最高意思決定機関「国家統治評議会(SAC)」の会合で、「現行の会計年度は、政府や経済界、農家の事業運営に適していない」と説明。期間変更に向け協議を進める意向を示した。

ミャンマーではアウン・サン・スー・チー氏率いる国民民主連盟(NLD)政権下で、政府と国営企業は18年、民間企業は19年に会計年度が4月~翌年3月から10月~翌年9月に変更されていた。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント