【マレーシア】プロトン、パキスタンで「サガ」発売[車両](2021/04/12)

50a22be7 367f 4091 b0b4 1b9a6ab7e6be
プロトンはパキスタンで主力の小型セダン「サガ」を発売した(同社提供)

プロトンはパキスタンで主力の小型セダン「サガ」を発売した(同社提供)

マレーシアの国民車メーカー、プロトン・ホールディングスは9日、パキスタンで小型セダン「サガ」を発売したと発表した。海外ではブルネイ、バングラデシュ、ネパール、モーリシャス、エジプト、ヨルダン、ケニアに続いて、8カ国目の市場となる。

パキスタンで展開するのはマニュアルトランスミッション(MT)、オートマチックトランスミッション(AT)、エースAT(ATモデルの上位版)の3種類で、R3リミテッドエディションも100台限定で販売する。

当面はマレーシアから完成車(CBU)を輸入して対応する。今年7~9月期をめどに、現地の提携先であるアルハジ・オートモーティブがカラチに新設する工場での組み立て生産に切り替える方針だ。

アルハジ・オートモーティブのヒラルカン・アフリディ最高経営責任者(CEO)は「年産能力2万5,000台の工場を建設しており、(現地生産に移行すれば)プロトン車の販売は急拡大するだろう」と自信を示した。

プロトンは昨年12月にスポーツタイプ多目的車(SUV)「X70」をパキスタンで発売しており、サガが同国で展開する二つ目のモデルとなる。

同社は海外市場の開拓を強化する方針で、販売部門プロトン・エダルのロスラン・アブドラ最高経営責任者(CEO)は「向こう数年間で販売全体に占める輸出の割合を高めていく」と述べ、タイなど東南アジア諸国連合(ASEAN)市場への再参入を目指す考えを示した。

プロトンは、2027年までにASEAN域内で販売台数3位の自動車ブランドになる目標を掲げている。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント