【カンボジア】州間移動を禁止、20日までの2週間[経済](2021/04/08)

カンボジア政府は6日、7日から20日までの2週間にわたり、州間移動を禁止すると決定した。新型コロナウイルスの感染拡大を抑える目的。首都プノンペンと南部カンダル州間の移動は対象外となる。クメール・タイムズ(電子版)が伝えた。

政府は、プノンペンが発生源となったクラスター(感染者集団)に関連する市中感染の拡大を抑制するため、州間移動の禁止を命じる指令を発出した。日本大使館は6日、規制に違反した場合、カンボジアの法令に基づき、法的処分や強制隔離措置の対象となる恐れがあるとして、注意を呼び掛けている。

一方で同指令の対象外として、◇プノンペンとカンダル州間の移動◇物品の輸送◇労働省または同省傘下の労働・職業訓練局の許可を受けた工場、企業への従業員の輸送◇緊急の医療サービス利用を目的とした、最寄りの医療施設への移動(本人含めて4人以下に限定)◇帰国者の居住地までの輸送◇任務を遂行するための公務員、軍隊の移動◇救急車や消防車、ごみ収集車の走行◇政府機関から許可を受けたその他必要な移動――などが盛り込まれた。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント