【インド】ブラザー、工作機械の新ショールーム完成[製造](2021/04/05)

7cec66f0 0063 4617 ad38 7bda69c8a053
ブラザー工業の新ショールームは4月1日に運用を開始した=インド・南部ベンガルール(同社提供)

ブラザー工業の新ショールームは4月1日に運用を開始した=インド・南部ベンガルール(同社提供)

ブラザー工業は3月31日、インド南部ベンガルール(バンガロール)で工作機械の新たなショールームが完成したと発表した。ベンガルールにあった既存の施設を移転・拡張し、ショールームの延べ床面積を7倍の300平方メートルへと拡大。中長期的に成長を見込むインド市場で、自動車や二輪車の部品メーカーといった顧客企業に自社の機械を知ってもらう場として活用する。

完成した新ショールームの名称は「ブラザーテクノロジーセンター ベンガルール」。2階建てで、事務所やセミナー開催スペースも併設した。センター全体の延べ床面積は1,180平方メートル。

ブラザーの広報担当者によると、インドで販売する工作機械は全て日本から輸入し、代理店や商社を通じて販売している。主な顧客は、自動車や二輪車の部品メーカー。13億を超える人口を抱えるインド市場の今後の成長を見据え、施設を拡張した。ショールームでは、加工のデモンストレーションを行うことも可能。同担当者は「ショールームを通じてインドの顧客企業に広く、当社の工作機械を知ってもらいたい」とコメントした。

ブラザーはインドで工作機械のほか、プリンター・複合機、家庭用・工業用ミシン、産業用印刷機械を販売している。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント