【ベトナム】新規感染11人、市中感染累計820人に[社会](2021/02/25)

ベトナム保健省によると、24日午後6時時点で新型コロナウイルスの感染者が前日から11人増え、1月下旬からの市中感染は累計820人となった。新規感染者は全員北部ハイズオン省でみつかった。ハイフォン市当局は23日までに確認された感染者との濃厚接触者を探しており、北部で油断できない状況が続いている。

1月下旬からの市中感染はハイズオン省が636人となった。クアンニン省が61人、ホーチミン市が36人、首都ハノイが35人、中部高原ザーライ省が27人などと続く。

ハイフォン市では23日までに追加で3人への感染が確認され、累計4人となっている。一部の地域や大学などが閉鎖。現地の保健局は緊急通達で、感染者が訪れた19カ所のリストを公表し、接触者に該当する人に対して連絡するよう求めている。

■ホーチミン市は制限緩和を検討

新型コロナ対策に関する24日朝の政府会合では、1月下旬以降に市中感染が感染された13省市のうち、10省市で市中感染ゼロが続いていることが報告された。感染ゼロは◇北部ホアビン省=25日連続◇ディエンビエン省とハザン省=各20日◇南部ビンズオン省=19日◇北部フンイエン省=17日◇バクザン省=15日◇ザーライ省=14日◇バクニン省=13日◇ホーチミン市=12日◇ハノイ=9日――。

グエン・タイン・ロン保健相は「(新型コロナの感染抑え込みに向けて)基本的に制御できている」と語った。

VNエクスプレスによると、ホーチミン市では今月9日から休業させていた文化・スポーツ活動、エンタメ、美容院、カラオケ、ディスコ、パブ、バー、マッサージ店などを再開させることを検討している。

国内の感染者数は累計2,412人で、回復したのは1,790人。隔離措置・経過観察の対象者は8万8,583人で、内訳は自宅が7万5,879人、隔離施設が1万2,112人、病院が592人だった。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント