【インドネシア】コロナ感染者、8千人超に急拡大[社会](2020/12/04)

14208b83 e5dc 4956 b1cd c52231d51c8e

インドネシア保健省は3日、同日の新型コロナウイルスの新規感染者数が8,369人だったと発表した。4日前に記録した6,267人の過去最多人数を大幅に上回った。

州別の新規感染者はパプア州が1,755人で最多。西ジャワ州が1,648人、首都ジャカルタ特別州が1,153人で続いた。中ジャワ州は700人超、東ジャワ州は500人を超えた。

新型コロナ緊急対策本部(タスクフォース)の統計によると、パプア州の過去数週間の感染者は1日数人から数百人とばらつきが大きいほか、5日間連続で0人だったこともあった。タスクフォースのウィク報道官はオンライン会見で、パプア州や中ジャワ州、西ジャワ州は、リアルタイムの感染情報を集計して報告するシステムが最適化されていないため、中央政府と現場の数値に違いが出ていると説明。「パプア州の新規感染者が1,755人と急激に増えたのは、11月19日以降の数値が反映され始めた結果だ」との見解を示した。

ウィク報道官によると、「3M(『マスク』『手洗い』『距離の確保』のインドネシア語の頭文字)」の順守率が低下傾向にあることが感染拡大の要因となっているとみられている。マスクの着用率は9月下旬に89%に達していたが、11月末以降は60%を下回っている。距離の確保は50%を切った。ウィク報道官は「年末年始の長期休暇中も市民の気が緩んだ状態が続けば感染はさらに拡大する」と述べ、警戒感を強めた。

3日の累計感染者は55万7,877人。うち83%の46万2,553人が回復、3.1%の1万7,355人が死亡した。同日の陽性率は14.1%。

感染は閣内にも広がっており、3日にはイダ労相が陽性だったことが分かった。労働省のスス広報官は地元メディアの取材に対し、「症状は出ておらず、自主隔離している」と話した。何日に検査したのかについては明らかにしていない。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント