【台湾】聯電、東芝の8インチウエハー工場を買収か[IT](2020/10/29)

28日付経済日報は、台湾ファウンドリー(半導体の受託製造)大手の聯華電子(UMC)が、東芝傘下の8インチウエハー工場2カ所を買収するとの観測が出ていると伝えた。2工場を100億台湾元(約364億円)以下で買い取る意向だという。

東芝デバイス&ストレージの広報担当者は28日、「市場の臆測にはコメントしない」と述べた。

UMCは2019年10月、富士通セミコンダクターとの合弁子会社である三重富士通セミコンダクター(横浜市、MIFS)を544億円で買収。東芝の工場買収が実現すれば、日本市場をさらに深耕することになる。

UMCは27日、「市場のうわさにはコメントしないが、企業の買収には前向きな姿勢でいる」とのコメントを出した。

8インチウエハーはこのところ、パネル向けドライバーICや電源管理ICなどの需要拡大に伴い、需給が逼迫(ひっぱく)している。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント