【マレーシア】セコム、同業2社を子会社化[サービス](2020/10/26)

警備大手セコム(東京都渋谷区)は23日、建物の自動制御機器や監視システム、空調機器などを手掛けるアイルランドのジョンソンコントロールズ・インターナショナル傘下の、マレーシアとシンガポールの警備会社2社を買収し、完全子会社化したと発表した。東南アジア域内での警備事業を強化する狙い。

セコムは、ADTサービシズ・マレーシアと、シンガポールのADTインテグレーティッド・セキュリティー・ソリューションズの発行済み全株式を、それぞれ今年9月と10月に取得した。取得額は公表していない。

2社は、一般家庭や中小企業向けを中心に、銀行や政府系機関などにも幅広く警備システムを提供している。

セコムは海外13カ国・地域で法人向けを中心とした警備事業を展開している。今回の2社の買収を機に、富裕層・中間層を含む新たな成長市場への事業展開を進めるとしている。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント