【タイ】配車ゴジェック、資金調達へブランド統一[サービス](2020/09/18)

87512df5 d567 49b0 a8a3 10429563bd21
ゴジェック・タイランドのピンヤ・カントリー・ゼネラル・マネジャー=16日、タイ・バンコク(NNA撮影)

ゴジェック・タイランドのピンヤ・カントリー・ゼネラル・マネジャー=16日、タイ・バンコク(NNA撮影)

インドネシアの配車サービス大手ゴジェックは16日、「ゲット」ブランドで展開してきたタイ事業を「ゴジェック」に統一したと発表した。

タイを含めた東南アジアにおける事業ブランドを一本化する戦略の一環。8月にはベトナムのブランド名を「ゴーベト」からゴジェックに変更した。17日付バンコクポストによると、タイの電子商取引(EC)事情に詳しいパウート氏は、東南アジアで展開している一連のブランドの統一により投資家がゴジェックの成長を把握しやすくなり、今後の事業拡大に向けた資金調達が容易になると指摘している。

ゴジェック・タイランドは、16日の声明で同日からアプリ「ゴジェック」を通じた料理宅配サービス「ゴーフード」、二輪配車サービス「ゴーライド」、配送サービス「ゴーセンド」、電子決済システム「ゴーペイ」のサービスを始めたと説明。プロモーションとして、ゴーフードで最大2,500バーツ(約8,400円)の割引キャンペーンなどを実施している。

タイは、料理宅配サービスだけでも「グラブフード」や「ラインマン」「フードパンダ」などの競合がひしめく激戦市場。ゴジェック・タイランドのピンヤ・カントリー・ゼネラル・マネジャーは、より低額の料理宅配の新サービス「ゴーフード・ピックアップ」の導入に向けた実証を進めていることを明らかにした。

ピンヤ氏はまた、16日に開いた会見で、NNAに対し「料理宅配や配車をメイン事業に掲げる企業として、排ガスによる大気汚染には配慮している。すでに約300台の電動バイクを導入したほか、工業省との協力の下、電動バイクの普及を促進している」と説明した。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント