【インド】二輪トライアンフ、本年度は販売3割増目標[車両](2020/09/15)

英国の高級二輪車メーカー、トライアンフ・モーターサイクルズは、インド事業の本年度(2020年7月~21年6月)の販売台数が前年比で最大30%増加するとみている。ビジネス・ライン(電子版)が13日に伝えた。

現地法人トライアンフ・モーターサイクル・インディアのショエブ・ファルーク事業部長は、過去3カ月の小売り販売状況について「前年同期と同水準だった」と説明。通年で前年度比25~30%増の約1,000台の販売を目指すと明らかにした。同社の昨年の販売台数は800台だった。

ファルーク事業部長はまた、国内の二輪車業界が全体的に低迷する中、同社が業績を維持している理由について、「積極的な新製品の投入が奏功している」との見方を示した。トライアンフは4月から導入された新排ガス基準「バーラト・ステージ(BS)6」適合車を1月から先がけて市場に投入。全土封鎖期間中も新製品を発売し、現在は13モデルを展開している。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント