【シンガポール】相乗りサービス事業者、日本市場に参入[運輸](2020/07/21)

オンデマンドの相乗りサービス事業を手掛けるシンガポールのスワット・モビリティーは20日、日本法人がジュピターテレコム(J:COM 本社:東京都千代田区)のライドシェアサービスの実証実験にアプリを提供すると発表した。日本での初事業となる。

J:COMが7月16日から東京都練馬区と大阪府堺市の周辺で開始したライドシェアサービス「J:COM MaaS」の実証実験に参加する。同社の約4,500台の営業車を複数の営業員が効率よく相乗りできるようにし、営業員の運転負担や駐車場を探す手間を削減。移動時間を有効活用することで生産性の向上を目指す。

スワット・モビリティーの日本法人は今回の実験で、J:COM専用にカスタマイズした乗客者用、ドライバー用、管理者用の3種類のアプリを提供する。アプリには、営業員が希望する時刻に顧客宅に到着できるようにするため、希望到着時刻を基にした送迎アルゴリズムを実装しているという。

スワット・モビリティーは2015年設立。主要株主は、東京大学エッジキャピタルパートナーズなどだ。オンデマンドの相乗りサービスを、シンガポール、ベトナム、フィリピン、インドネシア、タイ、オーストラリアで展開している。

日本法人は今年2月に設立。日本では今後、企業向けの相乗り送迎サービスのほか、地方の自治体、交通事業者向けのオンデマンド公共バスの導入を推進していく計画だ。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント