【韓国】大塚電子、ディスプレー用画質測定器を発売[IT](2020/06/29)

大塚製薬子会社の大塚電子(大阪府枚方市)の韓国法人、韓国大塚電子は24日、テレビやスマートフォン向けディスプレーの輝度・色度測定に使う分光放射輝度計「HS-1000H」を発売したと発表した。

同製品は、有機ELディスプレー向けにカスタマイズしたもの。すでに画質補正工程でのテストを終えており、本格的な供給拡大を目指す。

画素が自発光する有機ELディスプレーは、液晶ディスプレーと違い、製造工程で各画素の明るさや色が正しく補正されないと、画質が暗くなるなどムラが発生しやすい。ディスプレーが高品質化する中、画質の補正工程で使われる測定器も高い性能が求められているという。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント