【インド】パナソニック、高耐久ノートPCの新型発売[IT](2020/07/01)

Afd9a00c 0bd4 447d b4b6 3a828cae03c7
新型ノートパソコン「タフブックCF―SV8」(パナソニックインド提供)

新型ノートパソコン「タフブックCF―SV8」(パナソニックインド提供)

パナソニックのインド法人パナソニックインドは6月29日、頑丈さを売りとするノートパソコン「タフブック」シリーズから、新型「タフブックCF―SV8」を発売すると発表した。税抜き価格15万ルピー(約21万4,000円)で販売する。

タフブックは防水、防じん、耐衝撃などタフネス(頑強)性能を売りにした「ラグド系(高耐久性)」と呼ばれるセグメントのノートパソコン。システム・ソリューション事業部門の責任者を務めるビジャイ・ワダワン氏によると、パナソニックはインドのラグド系ノートパソコン・タブレット市場で60%のシェアを占めている。タフブックシリーズのインド売上高が世界全体に占める割合は現在2%未満だが、ワダワン氏はNNAに対して「今後2年でこの割合を5%に高める」と意気込んだ。

タフブックCF―SV8は919グラムと軽量で、画面サイズは12.1インチ。バッテリー持続時間は、10時間半~15時間半を実現した。

「落ち込んだ需要は7月以降に正常化する」と語るパナソニックインドのワダワン氏(同社提供)

「落ち込んだ需要は7月以降に正常化する」と語るパナソニックインドのワダワン氏(同社提供)

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント