【ミャンマー】ヤンゴン新都市開発、環境評価の結果報告[経済](2020/06/25)

ミャンマー最大都市ヤンゴンの新都市開発を手掛けるニュー・ヤンゴン・デベロップメント・カンパニー(NYDC)は22日、開発計画に関する環境影響評価(EIA)の報告書を資源・環境保護省に提出した。ミャンマー・タイムズ(電子版)が24日伝えた。

報告書には、新都市で整備される橋や発電所、工業団地、浄水・排水処理施設に関する最終的な調査結果と、道路整備事業の初期段階の調査結果が盛り込まれた。今後、同省環境保護局が、環境法順守に関する認証の発行に向けて報告書の内容を精査する。

新都市開発計画はヤンゴン管区政府によって2018年3月に始動。シンガポールの国土の2倍の面積を網羅する大規模な開発計画となっている。第1期では、ヤンゴン川西岸の88.3平方キロメートルの整備が見込まれ、投資額は15億米ドル(約1,600億円)以上の見通しだ。

ヤンゴン管区政府が全額出資するNYDCは18年、中国国有企業の中国交通建設集団(CCCC)と計画の策定に関する枠組み合意を締結。ヤンゴン市とCCCCは20年1月、ヤンゴン新都市開発に関する基本合意書(LOI)を交わした。LOIは、中国の巨大経済圏構想「一帯一路」に沿う「中国・ミャンマー経済回廊(CMEC)」の一部に位置付けられている。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント