【インド】消費財ブランドが脱中国、インド生産にかじ[製造](2020/06/24)

インドで消費財ブランドの中国離れが加速しそうだ。中国製品に対する消費者の反発や関税引き上げの可能性を受け、商品の国内生産を模索する動きが広まっている。エコノミック・タイムズ(電子版)が23日伝えた。

インド国内の受託製造企業によると、過去1週間で、家電や衣類、オーディオ機器などのブランドから国内生産に関する問い合わせが多く寄せられている。

新型コロナウイルスの流行で中国からの供給に一時支障が出たため、各ブランドは既に中国からの完成品輸入に関して、依存度を低減させる代替措置を検討していた。これに加えて、先ごろ中国との国境地帯で発生した軍事衝突の報復措置として、政府が中国からの輸入品への関税を引き上げる懸念が浮上したことが脱中国の動きを促している。

また、消費者がこれまで以上に生産国を気にするようになったことや、政府が国内製造業の振興策を進めていることも一因という。

インド家電製造協会(CEAMA)は、エアコンは3割、電子レンジは大多数が輸入品で、輸入元はほぼ中国だと説明。だた、国内生産の拡大により、1年以内にこの割合は変化すると予測した。また、テレビの受託製造を行う地場ビデオテックスは、インドでテレビ生産を始める意向を示しているブランドが複数あると明らかにした。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント