【ベトナム】大和PI、越の映画館運営会社に出資[媒体](2020/06/17)

大和証券グループの大和PIパートナーズ(東京都千代田区)は16日、ベトナムで映画館事業を展開するベータ・メディア(Beta Media)に対し、出資したことを発表した。ベータ・メディアは、大和PIによる出資額を800万米ドル(約8億6,000万円)としており、少数出資となる。

映画館運営を手掛けるベータ・ホールディングスを通じて出資した。ベータ・メディアは若年層をターゲットに、2014年の事業開始後、店舗数・顧客数を急速に拡大している。大和PIパートナーズは、ベトナムの映画市場は、中長期的な経済成長を背景に今後も高い成長が期待されるとして、出資を決めた。現在、ベータが運営する映画館は国内12カ所。

15日のVNエクスプレスによれば、ベータ・メディアのブイ・クアン・ミン最高経営責任者(CEO)は、出資を受け、向こう数年で全国の映画館総数を50カ所にしたいと述べている。サービスの向上や、映画制作にも力を入れるという。

同社は15年にベトナム・インベストメンツ・グループ(VIG)から出資を受け、17年には香港のプライベート・エクイティー(未公開株)投資会社、ブルーHKインベストメンツから250万米ドルの出資を受けている。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント