【インドネシア】国産PCR検査キット、20日に供給開始[医薬](2020/05/14)

8ae93e93 7ed1 40d8 8611 93e8d08614e1

インドネシアの国営製薬会社ビオ・ファルマは、20日にPCR検査の国産検査キットの供給を始める。当初は10万個を生産する予定。13日付テンポが伝えた。

国産検査キットの生産は、技術評価応用庁(BPPT)内に設立された、新型コロナウイルス感染症対策研究・技術革新タスクフォースによる取り組みの一つで、複数機関が共同開発した。既に保健省傘下の機関や指定病院で試験的に利用されている。

このほか国内では国営製薬インドファルマが、国立インドネシア大学、国営兵器製造会社ピンダッドと協力して人工呼吸器の生産を始める。今週中にも臨床実験が終了し、保健省の認可を経て生産開始できる見込み。月間200台を生産する。

インドファルマは中国から医療用マスクの製造機械を輸入しており、6月初旬までに月750万~800万枚の生産体制を整える。

ビオ・ファルマは20日にPCR検査の国産検査キットの供給を始める(同社提供)

ビオ・ファルマは20日にPCR検査の国産検査キットの供給を始める(同社提供)

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント