【韓国】SKバイオの抗てんかん薬、米国で発売[医薬](2020/05/14)

56e20202 cdfc 40e9 91d5 8a2e29e9c290
SKバイオファームは米国で自社開発した抗てんかん薬を発売した(同社提供)

SKバイオファームは米国で自社開発した抗てんかん薬を発売した(同社提供)

韓国・SKグループ傘下のSKバイオファームは12日、自社開発した抗てんかん薬「XCOPRI(成分名・セノバメイト)」を米国で発売したと発表した。同社によると、韓国の製薬会社として初めて、米国で開発から許可、営業網の構築まで直接手掛けたという。

韓国の製薬会社は一般的に、患者に投与して有効性と副作用を確認する第2相の臨床試験を終えた後、欧米の大手製薬会社に技術導出(ライセンス・アウト)するケースが多い。第3相の臨床試験は大きな資金を要するためだ。

SKバイオファームは新薬販売までの全過程を自社で行っているため、「売り上げの約50%は営業利益として残る」(同社関係者)という。米国での販売は、SKバイオファームの米国法人であるSKライフサイエンスが担当する。

世界の主要国における抗てんかん薬市場は約61億米ドル(2018年時点、約6,538億円)に達する。このうち米国市場は54%を占めており、24年までに約41億米ドル規模に拡大する見通しだ。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント