【台湾】米政府、TSMCに米国生産を要請[IT](2020/05/12)

11日付経済日報などは外電を引用して、米トランプ政権が、ファウンドリー(半導体の受託製造)世界大手の台湾積体電路製造(TSMC)に対し、米国での工場設置を求めていると伝えた。新型コロナウイルス感染症のまん延で、世界のサプライチェーンが影響を受ける中、米政府は半導体のアジア依存を軽減し、半導体の自給自足を目指す狙いがあるとみられる。

消息筋によると、TSMCは既に、米国での工場建設について米商務省や国防総省と協議を行っているほか、最大顧客である米アップルとも協議済みという。

TSMCの劉徳音董事長は先月、米国に工場を建設するかどうかを検討していると表明。ただ、同社は「経済の規模やコスト、人材とサプライチェーンの方面から考慮する必要がある。現時点で具体的な投資計画はない」と説明していた。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント