【中国】黒竜江の国境都市、病状の隠匿通報に賞金[社会](2020/04/21)

黒竜江省のロシアとの国境都市、綏芬河市は19日、新型コロナウイルスの拡大防止策として、病状や旅行履歴、接触した人の情報を隠匿した者、集会禁止といった規定への違反者を通報した市民に賞金を出すと発表した。通報1件につき2,000元(約3万円)、重要情報だった場合は3,000元を支給する。小区(集合住宅)の管理を強化し、防疫措置への市民の参与を促すことが狙い。

綏芬河では、ロシアから同市へ陸路で入国する渡航者に新型コロナの輸入症例が増加していることを受け、今月8日から市民の外出制限が取られている。小区住民の外出は3日に1回、生活必需品を購入するために各世帯1人しか認められていない。

同省は18日に開いた会見で、綏芬河のロシアとの国境ゲート経由で確認された輸入症例は18日午前0時時点で累計402人となり、現在400人が入院していると明らかにした。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント