【インド】スタバ、出店先に3カ月間の家賃免除を要請[サービス](2020/04/08)

米コーヒーチェーン大手スターバックスのインド事業を手掛けるタタ・スターバックスは、新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するための全土封鎖を受け、出店先に3カ月間の家賃免除を求めている。エコノミック・タイムズ(電子版)が7日に伝えた。

タタ・スターバックスは店舗の貸主に送った書面で、「現状を踏まえると、家賃や共益費を支払える状況にない」と主張。3月1日からの3カ月分について支払いを免除するよう要請した。同社は、全国185カ所に出店している。

飲食店業界は新型コロナで深刻な打撃を受けている。業界団体のインド・レストラン協会(NRAI)は先に、ショッピングモールの運営会社などに対して、賃貸料の免除をはじめ、入居する飲食店を支援する措置を講じるよう求めていると明らかにした。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント