【カンボジア】感染者114人に、医療品の在庫十分[社会](2020/04/06)

カンボジア保健省は3日、新型コロナウイルスの感染者が新たに4人増え、計114人になったと発表した。感染拡大への不安が広がる中、フン・セン首相は国民に対し、国内には医療用品や食料の在庫が十分あることを強調した。クメール・タイムズ(電子版)が伝えた。

新たに感染した4人のうち3人は、フランス人の男性(67)と女性2人(59、67)。先月下旬に南部シアヌークビル州で集団感染が見つかったフランス人の団体旅行者のうちの3人で、同州内の病院で隔離措置を受けていた。この旅行者の団体からは、今回のケースを含めフランス人36人、現地ガイドら4人の感染が確認されている。

新たに感染した残りの1人はマレーシア人男性(40)で、南東部コンポンチャム州で隔離措置を受けている。これで、マレーシア人の感染者数は累計で13人となった。

一方で保健省は5日、新型コロナの累計感染者114人のうち、50人が回復したと明らかにした。

これに関連し、フン・セン首相は自身のフェイスブックで、国内には十分な量のマスクやアルコール消毒剤を生産できる工場があることや、コメなどの輸出を停止して食料の在庫を確保しようとしていることに言及。「医療用品や食料の確保に頭を悩ませるよりも、個人の衛生管理や社会的距離(ソーシャル・ディスタンシング)の維持に意識を向けるべきだ」と強調した。

また教育青年スポーツ省は3日、国内の全てのスポーツジムに営業を当面停止するよう指示した。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント