【インド】アシックス、健康測定スタートアップに出資[製造](2020/03/30)

D44e34e3 4c2f 4943 8d4e 888ee47399b7
パルス・アクティブ・ステーションズ社が展開している健康測定機(アシックス提供)

パルス・アクティブ・ステーションズ社が展開している健康測定機(アシックス提供)

アシックスは27日、投資子会社アシックス・ベンチャーズが、健康測定サービスを展開するインドのスタートアップ、パルス・アクティブ・ステーションズ・ネットワークに出資したと発表した。出資額は非公表。

健康志向が高まるとみられるインドで、健康測定サービスの利用者向けに商品やサービスを拡販する。アシックスの広報担当者は27日、NNAに対し「パルス社の機器利用者向けにシューズの販売やランニングアプリの提供などを行うとともに、パルス社が持つ健康データのビッグデータ化に期待する」と話した。

2018年設立のパルスは、独自開発した健康測定機材150台を、インド100都市以上の駅構内などに設置している。利用者は1回50ルピー(約70円)で、身長や体重、体格指数(BMI)、血圧などを3分以内に測定し、結果を持ち帰ることができる。今後3年間でさらに1万台以上を設置する計画だ。

アシックスの広報担当者によると、20年の売上高目標は4,000億円で、海外比率は7割を目指す。東南アジアやインド、中東などにおける「成長市場の拡大」を重点施策としており、このうちインドの売上高は19年の24億円から25%増やす目標だ。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント