【ベトナム】新興IT開発が拠点、150人体制へ[IT](2020/03/27)

新興のシステム開発会社コントロールグループ(東京都港区)は25日、ベトナム・ハノイに設置したソフトウエア開発拠点を4月7日に本格稼働させると発表した。2022年にITエンジニア150人体制とする。

同社は19年1月の設立。同年3月に、ハノイ市カウザイ区に開発センター運営のコントロールHRTベトナムを設立していた。センターでは、日本や東南アジアで運営するSaaS(サービス型ソフトウエア)を開発。今年は30人体制とする。

ベトナム法人の事業内容は、システム開発とテスティング、人材採用メディアの運営。同グループは、外国人ITエンジニアのマッチングサイト「yoiwork」などを手掛けている。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント