【韓国】現代モービス、後部席感知の新システム開発[車両](2020/03/24)

1e366518 ff77 4ed0 bd81 70724509d3e6

韓国の現代自動車グループの部品メーカー、現代モービスは22日、レーダーで車両後部座席の同乗者を感知するシステムを開発したと発表した。乳幼児の車内置き去りによる事故予防につながると見込んでいる。

レーダー基盤のシステムは、従来のセンサーによるシステムより感知の正確性を大幅に改善。車内にいる人の胸部と血流の微細な動きなど多様な身体信号を測定することができ、年内には心拍を測定できるレーダーを開発する計画だ。

後部座席に人がいる状態でドアを閉めると、警報音や計器盤、スマートフォンなどを通じて運転者に通知する。成人と乳幼児、ペットの区分も可能だ。

現代モービスはレーダーで車両後部座席の同乗者を感知するシステムを開発(同社提供)

現代モービスはレーダーで車両後部座席の同乗者を感知するシステムを開発(同社提供)

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント