【カンボジア】感染者37人に、検査費用は政府負担[社会](2020/03/20)

カンボジア保健省は18日、新型コロナウイルスの感染者が新たに2人増え、計37人になったと発表した。同省はまた、検査費用は全て政府が負担しており、症状が出ていない場合は検査を控えるように呼び掛けた。プノンペン・ポスト(電子版)が伝えた。

新たに感染が確認されたのは、カンボジア人のイスラム教徒2人。最近マレーシアで行われた礼拝に参加し、カンボジアに帰国した79人のうちの2人だった。カンボジアでは今月に入り、礼拝参加者による感染の報告が相次いでいる。

同省の報道官は、カンボジアではこれまで1,100人以上の検査を行っており、全ての検査費用を政府が負担していると強調。感染の症状が出ていない人、感染拡大地域への渡航履歴がない人、感染者と濃厚接触をしていない人は、検査の必要がないと呼び掛けた。

一方で同省感染病対策局は、検査費用は政府負担になるが、医療機関によっては検査費とは別に診療代が請求される場合もあると指摘した。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント