【台湾】国巨が増産、高雄工場で1600人募集[IT](2020/03/09)

台湾の受動部品最大手、国巨(ヤゲオ)は5日、高雄工場で計1,600人の人材を募集する方針を示した。需給逼迫(ひっぱく)を受けた増産に対応する動き。6日付経済日報が伝えた。

生産ラインの作業員1,500人とエンジニア100人を募集する。

新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)のまん延を受け、同社の中国工場は稼働率が35~38%と低迷し、春節(旧正月)連休明けの需給が逼迫。製品の在庫日数は過去10年で最低となる30日を割り込んでいた。同社は中国工場の生産量減少を補うため、第2四半期(4~6月)の高雄工場をフル稼働させる方針。

生産能力の増強に加え、積層セラミックコンデンサー(MLCC)やチップ抵抗器が値上がりしていることから、証券筋は同社の第2四半期の売上高が前四半期を上回るとみている。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント