【香港】キャセイ、沖縄・新潟線も運休[運輸](2020/02/25)

香港の航空最大手キャセイパシフィック航空(国泰航空)は、香港発着の沖縄線や新潟線など4路線の運休を新たに決めた。新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)の拡大を受けた措置。

2月28日から沖縄線と韓国・釜山線、3月5日から新潟線、3月8日からオーストラリア・アデレード線の運航をそれぞれ見合わせる。24日付香港経済日報などによると、運休期間はいずれも3月28日まで。4路線合わせて週19便を欠航とする。発券済みの航空券は払い戻しを行う。

キャセイ傘下の格安航空会社(LCC)、香港エクスプレス(香港快運航空)はこれまで通り、香港発着の沖縄線を1日1便、同釜山線を週3便運航する。

キャセイは今月4日、子会社のキャセイドラゴン航空(国泰港龍航空)とともに、香港と中国本土を結ぶ便を最終的に9割削減することも発表している。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント