【ミャンマー】ティラワ接続道の拡幅が完工、往来円滑に[建設](2020/02/25)

Cb7ed03b dfab 4af5 83f0 d15daac52712

ミャンマー最大都市ヤンゴンの中心部と、日本企業が多数集積する郊外のティラワ経済特区(SEZ)をつなぐ幹線道路の改良工事が終わり、21日に式典が行われた。片側2車線の4車線道路となり、往来にかかる所要時間は大幅に短縮する。

国際協力機構(JICA)が円借款で約46億1,300万円を供与し、2018年12月に着工していた。区間は、ヤンゴン川に架かるタンリン大橋付近からティラワSEZまでつながる南側の約8.7キロメートル。改良前は、老朽化した片側1車線の道路で、雨期には特に激しい渋滞が発生していた。

これまでは、ヤンゴン中心部のダウンタウンからSEZまでの所要時間は約1時間半程度だったが、現在は混み具合によるものの、1時間前後で到着できるようになった。

改良工事では拡幅のほか、信号、街路灯も整備。電線や通信回線は側道に地中化され、修理やメンテナンスもしやすくなった。

ティラワSEZは、進出契約を結ぶ企業が100社を超え、その半数が日本企業。日本政府は、1993年に開通して老朽化しているタンリン橋についても、円借款を供与して架け替えを進めている。

改良工事の完成を祝い、拡幅された道路を歩く地元の女性ら=21日、ヤンゴン(JICA提供)

改良工事の完成を祝い、拡幅された道路を歩く地元の女性ら=21日、ヤンゴン(JICA提供)

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント