【インドネシア】清水建設JVが契約調印、MRT第2期工事[建設](2020/02/18)

Ea1aaebf 52da 4bb9 b745 c4d41c67518e
清水建設の奥村隆インドネシア駐在事務所所長(右から2人目)と、MRTジャカルタのシルフィア取締役(同3人目)=17日、ジャカルタ(NNA撮影)

清水建設の奥村隆インドネシア駐在事務所所長(右から2人目)と、MRTジャカルタのシルフィア取締役(同3人目)=17日、ジャカルタ(NNA撮影)

インドネシアの首都ジャカルタを南北に走る都市高速鉄道(MRT)を運営するMRTジャカルタは17日、第2期工事の最初の工区について、清水建設とインドネシアの国営建設アディ・カルヤの共同事業体(JV)と契約を締結した。MRTジャカルタによると、契約額は4兆5,426億7,800万ルピア(約365億円)。

契約したのは第2期工事(フェーズ2A)で計画される、六つのパッケージのうち、「CP201」の工区。第1期工区の始発駅ブンダラン・ホテルインドネシア(HI)駅からハルモニ駅までの2.8キロメートルに、上下線のトンネルと2駅を施工する。工期は3月から58カ月間。2024年12月の完工を目指す。

MRTジャカルタのシルフィア取締役によると、CP201工区とCP200(MRT用変電所)以外の四つのパッケージについては現在入札中で、9月までに落札企業との契約締結を目指す。

フェーズ2Aの終着駅となるコタ駅からさらに延伸するフェーズ2B(5.8キロメートル)では、マンガドゥア駅、アンチョール駅、アンチョールバラット駅の3駅を建設する。22年半ばに着工、27年の運転開始を見込んでいる。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント