【インド】二輪TVS、電動車市場に参入[車両](2020/01/27)

E62fdedc 9076 49e3 85f3 e0ef4e87970e

インドの二輪車大手TVSモーターは25日、電動車両市場への参入を発表した。まずは南部ベンガルール(バンガロール)で電動スクーター「アイキューブ(iQube)・エレクトリック」を発売する。公式ウェブサイトによると、販売価格は11万5,000ルピー(約17万6,000円)。

アイキューブは出力4.4キロワット(kW)のモーターで駆動し、最高時速は78キロ。航続距離(1回の充電で走行可能な距離)は75キロとなる。また、スマートフォンと連携させることで、目的地までの経路の情報を運転席のパネルに表示させたり、遠隔操作でバッテリーの残量を確認したりすることが可能だ。

アイキューブについて、TVSのスリニバサン会長は、環境にやさしく、インターネットの利用に積極的な若者向けの製品との認識を示している。発表会には、同会長のほか、中央政府のガドカリ道路交通・高速道路相、カルナタカ州政府のイェディユラッパ首相らが出席した。

25日に発表した「アイキューブ(iQube)・エレクトリック」(TVSモーター提供)

25日に発表した「アイキューブ(iQube)・エレクトリック」(TVSモーター提供)

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント