【香港】デモ支援金「洗浄」容疑で4人を逮捕、警察[社会](2019/12/23)

香港警察は19日、政府などに対する抗議デモを支援する目的で集めた資金のマネーロンダリング(資金洗浄)に関わった疑いがあるとして、17~50歳の男女4人を逮捕し、取引に使っていた銀行口座を凍結した。「洗浄」された資金は約7,000万HKドル(約9億8,000万円)相当に上るという。20日付香港各紙が伝えた。

警察によると、4人はインターネットのクラウドファンディングで資金を募り、デモに絡む逮捕者の法律支援を続けている「星火同盟」のメンバーとみられ、3人が男、1人が女。この中には学生も1人含まれている。

これまでの調べによると、4人はおよそ半年前から実態のない会社を通じてネット上で寄付金を集め、その資金を保険商品などに投資していた。この会社が半年間で集めた資金は約8,000万HKドルだったという。

警察は4人の身柄を拘束する際、現金13万HKドルなどのほか、弓矢6本、レーザーポインター2本、多くの個人用防護装備を押収した。この組織が若者のデモ参加を支援し、報酬を提供していた可能性も排除できないとみている。

香港警察の陳偉基代理警司は、半年にわたってこの会社を通じて多額の現金がやり取りされ、多くが保険商品に投資されるなどの実態は、報告された会社の業務と異なり、マネーロンダリングの特徴を示すものだと指摘した。

星火同盟は同日、フェイスブックを通じて声明を発表し、「警察の主張は星火同盟やその他の人道支援チャンネルを中傷するでっち上げだ」と批判した。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント