【韓国】韓国独自の原発、新古里3・4号機が竣工[公益](2019/12/09)

3007da38 fbfe 46bd 9007 61116aa5d457

産業資源通商資源省と韓国水力原子力は6日、韓国南東部の蔚山第1発電所で建設していた「新古里原発」3号機と4号機の竣工(しゅんこう)式を行った。韓国独自の加圧水型軽水炉「APR1400」を国内で初めて採用したとしている。

同原発は1,400メガワット(MW)級の発電機2基を備える。新古里3・4号機は2000年の第5次長期電力需給計画により建設計画が決定。07年9月に着工し、16年に第3号機、今年8月末に4号機が完成した。建設は現代建設、斗山重工業、SK建設などが行い、総事業費は7兆5,000億ウォン(約6,860億円)。

「APR1400」は、1992年から米ウエスチングハウス(WH)の技術をベースに独自改良した韓国型原発モデル。09年にはアラブ首長国連邦(UAE)に輸出された。

文在寅(ムン・ジェイン)大統領の脱原発政策により、国内で今後建設できる原発は4基のみ。これらの設計にも「APR1400」が適用される。

完成した新古里3、4号機(産業通商資源省提供)

完成した新古里3、4号機(産業通商資源省提供)

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント