【タイ】アイコンサイアムとトゥルー、会議場を開設[サービス](2019/11/06)

465ebea3 249e 4514 af65 c2dad1b04773
「トゥルー・アイコン・ホール」の開設を発表するアイコンサイアムのスポット社長(右)とトゥルー・コーポレーションのコンテンツ・メディア責任者のビラトン氏=4日、タイ・バンコク(NNA撮影)

「トゥルー・アイコン・ホール」の開設を発表するアイコンサイアムのスポット社長(右)とトゥルー・コーポレーションのコンテンツ・メディア責任者のビラトン氏=4日、タイ・バンコク(NNA撮影)

タイの商業施設運営アイコンサイアムと通信大手トゥルー・コーポレーションは4日、首都バンコクのチャオプラヤー川沿いにある大型複合施設「アイコンサイアム」内に会議場「トゥルー・アイコン・ホール」を開設した。

同会議場は、総額20億バーツ(約72億円)を投じて建設された。アイコンサイアムの7~8階に入居し、延べ床面積は1万2,000平方メートル。計2,700人を収容可能な大型ホール3カ所に加え、会議室14室を備える。会議室の床面積は26~400平方メートルで、計950人の収容が可能だ。

アイコンサイアムの通信インフラ整備を担当するトゥルーは、第5世代(5G)移動通信サービスと4Gプラスに対応可能なシステムや、最新のWi―Fi(ワイファイ)設備を設置。アイコンサイアム全体で4億バーツ、そのうちトゥルー・アイコン・ホールを含む7~9階部分には5,000万バーツを投じた。

同会議場の運営チーム代表を務めるタルン氏によると、現時点で既にイベント30件の予約が入っており、20年のイベント件数は100~130件に上ると見込む。そのうち国際・国内セミナーおよび会議が30%、エンターテインメントおよびコンサート、娯楽イベントおよび開業記念式典などがそれぞれ25%、各種記念式典など企業向けの社内イベントと展示会がそれぞれ10%を占めると見込んでいる。

アイコンサイアムのスポット社長は、「タイの経済とMICE(会議、視察、国際会議、展示会・見本市)産業を振興し、バンコクを国際的なイベントのハブにしていきたい」との意気込みを示した。アイコンサイアムは今月、開業1周年を迎えた。20年の売上高は、目標とする2億~2億5,000万バーツに達すると見込まれている。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント