【香港】キャセイ、機内食で植物由来の「豚肉」提供[運輸](2019/10/09)

香港の航空最大手、キャセイパシフィック航空はこのほど、香港のスタートアップ企業グリーン・マンデーが販売する植物由来の人工豚肉「オムニポーク」を機内食で提供すると明らかにした。同社によると、航空会社によるオムニポークの提供は世界初となる。

キャセイは、10月末までビジネスクラスの乗客を対象に、香港発の全ての長距離便でオムニポークを使ったミートソースのパスタを提供する。乗客の反応を見ながら、引き続きオムニポークを使った料理を開発していく方針だ。

キャセイは2018年10月から、香港国際空港(チェクラプコク空港)の「ザ・ピア」のファーストクラスラウンジで米ビヨンド・ミートの植物肉を提供している。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント