【シンガポール】物流トランコム、ビル清掃会社を買収[サービス](2019/10/01)

総合物流会社のトランコム(名古屋市東区)は9月30日、シンガポールでビル清掃サービスを手掛けるサージェント・サービシズを買収すると発表した。買収額は11億6,500万円。シンガポール市場への参入は初めて。東南アジア諸国連合(ASEAN)での事業拡大の足掛かりとしたい考えだ。

サージェント・サービシズは1998年設立。シンガポールに拠点を構え、チャンギ国際空港、都市高速鉄道(MRT)、学校、商業施設などのビル清掃業務を手掛けている。

トランコムは、サージェント・サービシズの株式9割を取得する。取得株式数は180万株。10月28日に株式譲渡を終える予定だ。同社の担当者はNNAに対し、「サージェント・サービシズは周辺国の同業他社の買収に積極的だ。今後はマレーシアやフィリピン、ベトナムなど域内で事業を加速していきたい」と意気込みを語った。

トランコムは、3PL(物流業務を一括して請け負うサード・パーティー・ロジスティクス)、物流拠点間の幹線トラック便の求貨求車マッチング事業、製造領域の人材派遣事業を主要な事業としている。2008年にタイに拠点を開設。14年には中国に進出していた。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント