【フィリピン】潤滑油ノーストレンド、シェア10%目指す[商業](2019/09/27)

フィリピンで米石油大手エクソンモービルの潤滑油を代理販売するノース・トレンド・マーケティング(NTM)は、国内潤滑油市場で2~3年以内にシェア10%を目指している。26日付マニラタイムズが伝えた。

ロナルド・アン最高執行責任者(COO)は、フィリピン経済が年平均で約6%のペースで成長していることや、建設、不動産、観光業が2022年にブームを迎えると予測されていることなどに触れ、シェア拡大のチャンスが大きいと指摘。目標達成に向けた事業強化のため、積極的に投資していく方針を示した。

NTMは、ルソンやビサヤ地方でエクソンモービル製の自動車・工業用潤滑油を販売している。24日は耐摩耗性油圧オイルの新製品「モービル DTE20ウルトラ・シリーズ」を発売した。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント