【インド】オヨ、ニューデリーに共用オフィスを新設[建設](2019/09/13)

インドの低価格ホテルチェーン「OYO(オヨ)」を運営するオヨ・ホテルズ・アンド・ホームズのコワーキングスペース(共用オフィス)部門「オヨ・ワークスペーシズ」は11日、首都ニューデリーの商業中心地コンノートプレースに新しい共用オフィスを設置したと明らかにした。PTI通信が伝えた。

新設した共用オフィスの規模は200席以上。設置から数日で、既に複数の企業から予約を受けたという。

オヨは7月、インドで共用オフィス事業を展開するベンチャー企業イノブ8を買収し、共用オフィス市場に参入すると発表した。オヨ・ワークスペーシズは現在、「ワークフロ」、「パワーステーション」、「イノブ8」の3ブランドで、国内10都市に22カ所、1万5,000席超の共用オフィスを運営。今年末までに50カ所、3万5,000席規模への拡大を目指している。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント