【インド】日系出資の新興車両レンタル、オヨと提携[車両](2019/09/09)

61a6f887 555a 4fb3 9bcc 9899f1eaaadb
オヨのホテルに設置されたドライブジーのバイク=7月17日、インド・南部ベンガルール(同社提供)

オヨのホテルに設置されたドライブジーのバイク=7月17日、インド・南部ベンガルール(同社提供)

車両レンタルを展開する新興企業ドライブジーは4日、低価格ホテルチェーン「OYO(オヨ)」を運営するオヨ・ホテルズ・アンド・ホームズとインド市場で戦略的に提携すると発表した。ドライブジーはヤマハ発動機が2015年に米国に設立した子会社ヤマハ・モーター・ベンチャーズ&ラボラトリー・シリコン・バレー(YMVSV)が、オヨはソフトバンクが投資ファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」を通じそれぞれ出資する。

ドライブジーは、国内の300以上の都市で1万軒以上を展開するオヨのホテルを活用し、ホテルの敷地内にバイクや車をレンタルする拠点を設置する。オヨにとっても、ホテルへのアクセスの利便性を向上させるメリットがある。既に南部ベンガルール(バンガロール)とハイデラバードにあるオヨのホテルに、1,200台のバイクを配置済み。今後3年でバイクと車を合わせ10万台まで増強する考えだ。

両社は声明で「顧客が行う必要があるのは、ドライブジーのウェブサイトやアプリにアクセスしてPINコードを入力するだけ」とサービスの利便性を説明した。

ドライブジーのアシュワルヤ・シン最高経営責任者(CEO)は、NNAに対し、「現在われわれの焦点はインド市場にあるが、将来的に両社によるサービスを他国に拡大できるか模索する可能性がある」とコメントした。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント