【インド】BMW、セダン「3シリーズ」の新型発売[車両](2019/08/23)

4270df61 3597 48f2 b752 d0e184f75e21
セダン「3シリーズ」の新型は、チェンナイ工場で生産=21日、インド・北部グルガオン

セダン「3シリーズ」の新型は、チェンナイ工場で生産=21日、インド・北部グルガオン

ドイツの自動車大手BMWは21日、インドでセダン「3シリーズ」の新型を発売した。ガソリンエンジン仕様とディーゼルエンジン仕様を用意。ガソリン車は来年4月に導入される新たな排ガス基準「バーラト・ステージ(BS)6」に対応した。価格は414万ルピー(約613万円)から。

新型は3シリーズの第7世代モデルで、南部チェンナイの工場で生産している。ディーゼルエンジン車は2仕様あり、価格は414万ルピーと469万ルピー。ガソリンエンジン車は479万ルピーとした。

BMWインディアのルドラテジ・シン社長兼最高経営責任者(CEO)は21日に行われた会見で「インドはグループにとってカギとなる市場だ。顧客数は8万人余りに達している。今後もインドの顧客に(自動車を通じた)贅沢な体験を提供していく」と語った。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント