【ベトナム】7月の訪日ベトナム人、単月最高の4万人[観光](2019/08/22)

Ab7274cd 660a 438d a05d 4945d852d3fc

日本政府観光局(JNTO)が21日に発表した訪日外国人旅行者の統計によると、7月に日本を訪れたベトナム人は前年同月比21.8%増の4万800人(推計値)だった。単月として過去最高を記録した。

JNTOは、夏季休暇シーズンの到来にともなって旅行需要の高まる中、ラベンダーやひまわりなど花鑑賞を目的とした訪日旅行商品の販売が好調だったと説明。新規就航や増便による航空座席の供給量増加も、訪日旅行者の伸びを後押ししたと分析している。

7月の訪日旅行者を国・地域別にみると、中国が前年同月比19.5%増の105万500人で首位となった。東南アジア諸国連合(ASEAN)主要6カ国では、タイが1.6%減の7万3,200人で最多。続いて◇ベトナム◇フィリピン=30.5%増の3万7,800人◇インドネシア=4.9%減の2万5,200人◇マレーシア=0.4%減の2万3,000人◇シンガポール=1.5%増の2万1,700人――となった。

7月の訪日外国人総数は前年同月比5.6%増の299万1,000人。前年同月を約16万人上回り、単月として過去最高を記録した。

1~7月の訪日ベトナム人の累計は、前年同期比29.1%増の29万4,000人。同期の訪日外国人総数は同4.8%増の1,962万4,800人だった。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント