【タイ】空港公社がアプリ、フライト情報など提供[運輸](2019/08/22)

6c6d5e55 fc91 4f8b 8577 78a13cae86f9
アプリ「デジタル・エアポーツ」について語るタイ空港公社(AOT)のニティナイ社長=21日、タイ・バンコク(NNA撮影)

アプリ「デジタル・エアポーツ」について語るタイ空港公社(AOT)のニティナイ社長=21日、タイ・バンコク(NNA撮影)

タイ空港公社(AOT)は21日、旅客に航空便の運航状況や空港の情報などを提供するアプリ「デジタル・エアポーツ」の運用を開始したと発表した。まずはバンコクのスワンナプーム国際空港で運用を開始し、最終的にはAOTが運営する国内主要6空港すべてで使用できるようにする。

同アプリでは旅客に◇航空便の運航状況やチェックインカウンターの混雑状況、預け荷物の情報◇空港の旅客ターミナルの地図および案内◇空港への公共交通機関によるアクセス情報◇商品やレストランおよび関連するプロモーションや特典の情報――などを提供する。タイ国政府観光庁(TAT)と提携し、国内の観光地に関する情報も提供する。翻訳システムを搭載し、タイ語のほか、中国語と英語、ロシア語、日本語にも対応する。

AOTのニティナイ社長によると、当初は旅客が情報を検索する形のサービスを提供するが、向こう1~2カ月以内にアプリを改良し、出発時刻の通知やチャット機能といった相互コミュニケーションサービスも提供する予定という。また、年内には音声やバーチャル機能の追加も計画している。

AOTが運営する6空港には、国営通信CATテレコムが、米グーグルと提携してWi―Fi(ワイファイ)のホットスポット「グーグル・ステーション」を設置し、無料で高速Wi―Fiを提供している。

AOTは、スワンナプーム国際空港、ドンムアン空港、北部のチェンマイ空港、チェンライ空港、南部のプーケット空港、ハジャイ空港を運営している。これら6空港の2018年の利用者は、前年比5.5%増の1億4,047万人。19年上半期(1~6月)は、前年同期比1.0%減の7,223万人だった。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント