【カンボジア】台湾系縫製GTI、4~6月期は83%増収[繊維](2019/08/21)

カンボジアで操業する台湾系スポーツ衣料品製造、グランド・ツインズ・インターナショナル(GTI)の2019年第2四半期(4~6月)決算は、売上高が前年同期比83%増の4,353万米ドル(約46億3,940万円)、純利益が2.23倍の20万5,520米ドルだった。プノンペン・ポスト(電子版)が19日伝えた。

GTIのヤン・シャウ・シン会長は、独アディダスなどからの受注増を目指す方針を提示。第3四半期は、さらに利益が拡大するとの見通しを示した。

GTIの1~6月期決算は、売上高が前年同期比70%増の約8,000万米ドル、純利益が21%増の37万7,800米ドル。6月30日時点の総資産額は9,200万米ドルだった。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント