【台湾】台湾虎航がA320を15機調達、約10億米ドル[運輸](2019/08/19)

台湾航空最大手の中華航空(チャイナエアライン)傘下の格安航空会社(LCC)、台湾虎航(タイガーエア台湾)は16日、航空機製造世界大手の欧州エアバスとの間で、最新エンジンを搭載した「A320ネオ」を7機購入する契約を締結した。リース会社から同機体8機をリースで調達することも決めた。17日付経済日報が伝えた。

タイガーエア台湾によると、7機の購入額は7億3,000万米ドル(約780億円)で、8機のリース額は2億5,000万米ドルという。リース期間は10年。いずれも引き渡しは2021年以降となる。

タイガーエア台湾は日本路線を中心に22路線を運航しており、今後も新路線就航や既存路線の増便を計画していることから、新機体の導入に踏み切った。

タイガーエア台湾が現在保有するA320ネオは11機で、うち10機はリース。平均機体年齢は4.2年だが、新たな機体の導入に伴い、さらに若返る見通し。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント