【香港】初の香港への渡航警告、アイルランド[社会](2019/07/26)

アイルランドは24日、香港への渡航に関する警告を発し、国民に対して香港へ渡航する場合は十分注意するよう促した。中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案に端を発した香港社会の混乱に対する措置で、香港メディアによると、渡航警告を発したのはアイルランドが初めて。25日付スタンダードが伝えた。

アイルランド外務・貿易省は国民に対し、香港では抗議活動や集会が行われている場所を避け、地元当局の助言に従うよう促している。

カナダも旅行者に対し、地元メディアの報道で今後のデモに関する情報を得るよう呼び掛けている。英国は安全に関する情報を更新し、デモが行われている場所やその周辺にいる場合には警戒を緩めず、混乱状態に陥る兆しがあればすぐにその場から離れるよう注意を喚起した。

在香港日本総領事館はウェブサイト上で、相次ぐ抗議活動を受け、香港に渡航・滞在する邦人に慎重な行動を心掛けるとともに安全確保をするよう呼び掛けている。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント