【中国】AD措置を正式決定、日欧などのステンレス[鉄鋼](2019/07/23)

中国商務省は22日、日本、欧州連合(EU)、韓国、インドネシアから輸入されるステンレス鋼ビレット(鋼片)、熱間圧延ステンレス鋼板および鋼帯に対し、反ダンピング(不当廉売、AD)関税を課す最終決定を発表した。ダンピング行為が存在し、国内産業が実質的な損害を受けたと最終判断した。

期間は23日から5年間。税率は日本企業が18.1~29.0%、EU企業が43.0%、韓国企業が23.1~103.1%、インドネシア企業が20.2%となる。韓ポスコは中国当局と価格約束の取り決めを行い、約束価格を下回らなければAD関税は課されない。

関税番号の72189100、72189900、72191100、72191200、72191312、72191319、72191322、72191329、72191412、72191419、72191422、72191429、72192100、72192200、72192300、72192410、72192420、72192430、72201100、72201200に分類される品目が対象。

商務省は昨年7月から国内業界の申請に基づくAD調査を実施し、今年3月にAD措置の仮決定を発表していた。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント