【中国】宅配便取扱量、6月は25%増の53億件[運輸](2019/07/11)

中国国家郵政局が9日発表した宅配便統計によると、6月の取扱量(速報値、以下同)は前年同月比25.3%増の53億件だった。日本の2017年通年の取扱量に匹敵するという。

宅配業務売上高は23.9%増の630億元(約9,970億円)だった。宅配便に関する有効苦情件数は荷物100万件当たり0.4件以下で、前年同月に比べ改善した。主要地域における72時間以内での配達完了率は77%で、0.4ポイント改善している。

上半期(1~6月)の累計では、宅配便取扱量は前年同期比25%増の276億件、売上高は23.3%増の3,384億6,000万元となっている。上半期は商務省が旗振り役となったインターネット通信販売の販促イベント「双品網購節」(4月28日~5月10日)、ネット通販大手である京東(JD.com)の創業記念セール(6月1~18日)があり、期間中の取扱量はそれぞれ20億件、31億9,000万件に達し、全体の底上げにつながった。

上半期における宅配便に関する有効苦情件数は荷物100万件当たり1件以下。72時間以内での配達完了率は72.5%で、0.3ポイント悪化している。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント