【香港】香港ディズニーが太陽光発電、域内最大に[公益](2019/07/10)

香港ディズニーランドリゾートが、香港最大となる太陽光発電システムの設置を進めている。設置は年内に完了する見通しだ。9日付サウスチャイナ・モーニングポストなどが伝えた。

香港ディズニーの幹部によると、年間に1,860キロワット時(kWh)以上の発電を目指す。これは3人家族564世帯の年間電力消費量に相当するという。

太陽電池計4,500個の設置工事は2期に分けて実施。1期は既に園内の施設や建物の屋上など14カ所で始まっており、9月末に竣工する。設置面積はサッカー場とほぼ同じ約7,000平方メートルに上る。2期設置工事は年末に終わる予定。

発電した電力は、香港政府が2018年に導入した再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)で、中華電力(CLPパワー・ホンコン)に買い取られる。売電による収益は年間500万HKドル(約6,960万円)を見込み、投資コストは10年以内に回収できると想定している。

このプロジェクトでは、ディズニーランドの二酸化炭素(CO2)排出量を年間118万キログラム削減することを目指す。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント